« 当選したけど・・・ | トップページ | やばーーーーぃ »

2005.10.14

AED講習会 10/8

10/8 東京・虎ノ門病院主催の 「AED講習会」に参加。
トレーナー資格を有するドクターによる指導です。

今まで 普及協会のトレーナーから受講したり
救急救命士さんから受講する機会がありましたが
それぞれの立場・視線からのお話はどれも有意義です。

今回は 特に 私達のチームは
「循環器内科」 つまり 心臓病専門の
ドクターがトレーナーでしたから
より 専門的なお話を伺えて
改めて AEDの効果を認識できました。

意識がない方がいて 傍にAEDがあったならば
とりあえず
 
「スイッチを入れて 心電図のパットを貼る」

これだけ覚えていれば あとはAEDが
やることを指示しますから 
これはいたって簡単であることを認識して下さい。

PA080070-w300
とりあえず スイッチを入れて・・・

PA080071-w300
音声指示に従い パットを貼る

PA080072-w300
音声指示に従って 必要ならば 電気ショックのボタンを・・・

パットの貼り方も パットに書かれていますから
落ち着いて 図解通り貼ってください。
あとは 最低限 「心臓マッサージ」の要領と
呼吸の有無が確認できれば大丈夫です!

これらのイメージトレーニングが出来たら
それに付属する行動を覚えればいいと思います。
あとは 日常の行動の中で 
どんなところにAEDが設置されているか・・・
興味をもたれることが一番かと。

AEDは 8歳以上で 体重20キロ以上から使用可能。
まず 子供に使用されることは(電気ショック)ないようですが
念のため 頭に入れておく必要があるでしょう。

あとは 心停止していても
電気ショックが必要ないことがあるし
心臓が動いていても 
血液が循環していないことがあって
その場合は 心臓マッサージで
体中に血液を回してあげることが
かなり重要になるそうです。
「心臓マッサージ」だけでも覚えて欲しい理由です。

|

« 当選したけど・・・ | トップページ | やばーーーーぃ »

AED」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当選したけど・・・ | トップページ | やばーーーーぃ »