« 初蝉 | トップページ | お義母さまと一緒!~7/9 »

2005.07.09

ちょっと ちょっとぉ~!

「ぴょこママ」の通院日の出来事。
診療予約は9時だけど 6時に家を出て
7時に病院到着。
8時に予約患者の受付機が作動するけど
近頃 その機械に診察券を差し込んで
どこかへ休憩に行く人が・・・
そのあと 点々とカードだけ行列してね。
「変なの!」と思っても 病院は何もしないのね。
私は 30分前にちゃんと自分も並んで
機械の前で「仁王立ち」状態。。。なんて。。。

診察後に行く「介護の旅」のスケジュールを組むべき
温泉本と地図と 様々な割引券と
「にらめっこ」しながら並んでます!

受付を済まして 外来受付に行くと
びょこママは 気持ちよさそうに居眠り・・・
受付票を窓口に置こうとしたら

「いったぁーーーぁい~」

背後から母の悲鳴!
なんと 角を曲がってきた台車が母の右足に載っている!
背の高い見通しの悪いカートで
どうやら仕事も手馴れていない人が
前方・左右や内輪差などの確認をせず
「死角」から急に曲がってきたのだ。
ひたすら謝罪する彼を「かわいそう」と
母は簡単に許してしまい 私も従ったけど
「こんな時は 事故連絡しなくていいの?」

母の怪我を確認して 受付にいた人に
事情と救急箱を借りたい旨と
あとで材料はお返しすることを話したが
対応は ぜーんぜん!
「診察受けなくていいんですかぁ?
あっ 救急に整形外科いたかなぁ?
診療時間までまたなきゃいけないかもねぇ」

なーんだなんだ!そうじゃなくて
あんたが 気配りして連絡とるんでしょ!
こっちだって ちゃんと身分を明かしているのに・・・
冷却材でも 氷でもいいってお願いしているのに・・・
その人の手には欲しかった湿布が握られていました。。。

病院だから 売店には湿布は売られていないし
周囲の薬局も「調剤薬局」だから
温湿布はあったけど 冷湿布はなし。。。
ねえねえ ここは 病院でしょ。
病院の中にいて ちょいと怪我して
なすすべがないの?
1時間も診察を待たなきゃいけないの?

私達 ただ アイシングするものが欲しかっただけ。
「患者様」って敬語使うだけじゃダメだよ。
医療畑にいるものとして 情けなかった「対応」です。。。

ついでに・・・
最近「電子カルテ」に変わったけど
ドクター大変そう・・・PC画面に釘付けですもの。
結局 話をしながら 細かい状況を筆記していたのに
それが キーボードと画面とあと 
まだ転記されていない部分は 
今までのカルテをめくって・・・の状態!
なので 電子カルテへの記載は簡単に済ませているような・・・
母の先生は 若いし それなりに時間をさいて
患者さんの顔をみているけど・・・

医療体制・・・このままでいいのかな?
何でもIT化って・・・いいのかな?
採算が合わないからって 公的病院を
廃止したり 民営化していいのかな?

母の病院も「歯科」と「小児科」がなくなりました。
都立病院も「公社」になるし・・・

ちょっと ちょっとぉ~!
医療に不安はありませんかぁ?

|

« 初蝉 | トップページ | お義母さまと一緒!~7/9 »

薔薇の告白」カテゴリの記事

コメント

う、それはまた気の毒な…、というか情けのない対応でしたね…。その辺のおばちゃんの方が、よっぽど親身に飛んできてくれるように思えます。

コンピュータでシステムを作っていて思うのですが、「臨機応変」という処理が不要ならば人間なんてほとんどいらないんですよ。実際、システムを入れるということは人件費を減らすためなので、我々がお伺いすることで仕事を失う人も出るのです。

組織に甘んじていてはいけないんですよね。

投稿: Solid Inspiration | 2005.07.09 12:12

Solid Inspiration さま

「電子カルテ」の書き込みをしている時に
なーんとなく「Solid Inspirationさま」のこと・・
頭によぎりましたのよ・・・

それで・・・
システム化するなら とことんシステム化して欲しい。
これは プログラムを提供する方々へ・・・
確かに キーボタンひとつで「楽チン」できるに
こしたことはないですもの!
業種や使う場面もしっかり把握して欲しい・・・と
思う次第です。

プログラムを使う方には やはり「臨機応変」です。
病院でよく目にするのは 「システムダウン」した時
検査項目などの情報が引き出せず
右往左往しています。
たまたま私は「事故」の後で ドクターが
手書きで 指示書を作ってくださったお陰で
早く検査を受けられましたけど
その前の方々は 復旧まで2時間待ち。
「臨機応変」って 人間にとっても
難しい「行動」かも知れませんね・・・

私も自分の行動に「臨機応変」を
再入力しなくては・・・(苦笑)

投稿: 冬薔薇 | 2005.07.09 13:49

IT化も大切だけれど
特に医療関係となると
血と心の通うお仕事を望みますよね。
相手の立場にたって考えれば自然と見えてくること・・・
私も心がけねばと思います。

投稿: クレオ | 2005.07.09 19:26

クレオさま

病院経営も緊迫しているから
人件費節約のためのIT化は
いたしかたないと思ってはいます。

ただどんな状況下でも
「気配り」を忘れてはいけないと思います
そして 「医療」とは施術するものと
患者さんとの「人間ドラマ」だと思っていますから
この根底を「医療人」として認識すべきだと思っています。
たとえ 「受付」の事務職であっても
病院で仕事を受け持っている自覚を持って欲しいなーと
切願したいですね・・・

投稿: 冬薔薇 | 2005.07.09 23:24

これじゃ、冬薔薇さんに怒りまくって貰わないと。

それに、
>この根底を「医療人」として認識すべき

だと心から思います。サービス業としての自覚が足りないからと言って「患者様」と呼ぶだけじゃねぇ。
そして、単に経営効率が悪いからと言って、小児科医院が激減したり、産婦人科が産科はやめてしまったりどうかしていると思います。
医道の心を失わず、患者と対等に向き合う医療機関は存在しないのでしょうか。

投稿: 流れ星 | 2005.07.12 11:28

流れ星 さま

医療や福祉を切り詰めることは
国家存続が危うくなるのに等しいと
私は思っています。

保険点数を減らすと おのずと
自費負担分が増えてきますしね・・・
「医療」に対しての「貧富の差」が
出てくるかもしれませんね。

投稿: 冬薔薇 | 2005.07.12 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初蝉 | トップページ | お義母さまと一緒!~7/9 »