« 鰻の蒲焼 | トップページ | ぴょこたん日記~ホテルミラコスタ »

2005.06.15

室井企画~一言アドバイス

心待ちにしていた 室井先生からの
一言アドバイス」が 届きました!

 病に冒されていても凛としたお母さんの強さがとてもよく伝わってきます。お母さんを目標に、自分も強く生きたいと願っているあなたの気持ちもよく伝わってきます。

なかなか書けなくって 伯父の葬儀の際
葬儀場や火葬場の待ち時間に書いてました。
そんな場所で書いたから 
母への思いが強烈になってしまい
「文章が重過ぎるかなー」とか
「独りよがりかなー」と
思っていたので
自分が伝えたかった事が「伝わっている」と
書かれていたので ホッとしました。

さて 今度は「秘密」ですね。
ちょびちょび書き溜めておきましょっと!

|

« 鰻の蒲焼 | トップページ | ぴょこたん日記~ホテルミラコスタ »

室井企画&TB」カテゴリの記事

コメント

よかったですもんねー、とっても!!
私、また省かなきゃならん。
そんなに長いかなぁ。
まぁ、がんばりますわ(力こぶ)

投稿: コングBA | 2005.06.15 17:25

コングさま

今 私も何度も読んでみたけれど・・・
それで 私なりの感想ね・・・

多分 室井さんは厳しくすると言ってらしてたから
みんなのレベルアップに力を入れてると思うのね。

一番伝えたいのは 最後だから
「二本の満足に歩ける足で、何が起こっても踏ん張って生きて行って欲しいの。」
この部分に繋がるように 言葉をそいでいったらいいかもね。
そうすると・・・室井さんのアドバイスのように
例えば・・・「お腹の中にいるときに・・・やさしさが父似で本当によかったと思っているよ。」を1~2行で纏める言葉にしたらどうだろうか・・・
初めての子供には 期待するし 良い遺伝子だけをついでほしいって思うでしょ・・そんな思いみたいなことを さらっと書いてみるとか・・・

それで 娘さんの足に愛着がある部分が ぐーんと前に出てきて
この世でたった一人のわが子をいつまでも抱きしめたい。でも ある日突然に別れがくるかもしれない。両親の愛情たっぷりの遺伝子を受け継いだ足で頑張りなさい コングさんのたたみかけるメッセージが より輝く 言霊になると思うな!

なんか 生意気な事をかいちゃったけど
これ 俳句が出来ない時に 作文から17文字に纏める
私の「テク」なの。一句の俳句に 主張は一つ。
こうすると 二つ主張があれば 二句できるから・・・ね。
もし良かったら 「テク」使ってみてください!

推敲ってね 私もあの文章の言葉を残すのに
20回ぐらいしたの・・・思いが強い分
やはり たくさん書いちゃうんだよね。
最初は あの5倍の量の文章だったからね・・

投稿: 冬薔薇 | 2005.06.15 20:53

秘密なんて簡単だろ
エロエロありすぎて困るんじゃん?

投稿: SAK | 2005.06.16 21:02

あ~ら SAKさま お・ひ・さ!
元気だったぁ~

あけっぴろげの私だから
あーんま 秘密ないのよねぇ~うふふっ

投稿: 冬薔薇 | 2005.06.16 21:19

や〜ん、私も省かなあかんよ〜。
省きだすと、がんがん省きたくなってきて・・・どうなるんやろって感じ。
冬薔薇さん、もう秘密、行きますかぁ?
せやけど、秘密みんなに公表したら、秘密じゃなくなってしまうよなぁ

投稿: としちゃん | 2005.06.16 22:58

としちゃんへ・・・

思い入れが強いとどうしてもね・・・
でもさ 室井さん 「何度も読み返せ」って
前に言ってたから 何度も何度も繰り返せば
きっといい作品になるって!

一回目は としちゃんのこころを整理するために
書いたんだから 室井さんのアドバイスを
いっぱい貰って 「作品」にすればいいんじゃない?

人の作品はなるべく読まなないようにしたけど
室井さんのアドバイスはきちんと読んだのね。
その中で 「ラブレターはエッセじゃなくて
手紙として 意識すること」というアドバイスがあって
私は それを意識してみたんだ。

それで 私なりの感想なんだけど
最初の出だしは室井さんの「アドバイス」を使っちゃおう!
その前の文章は段落ごとに 一行分に凝縮して
たとえば 「父の癌を理解できなかった母」などと
「○○出来なかった母」の形で纏めると最低3行できるから
これをそのあとに続ければ おおよその「察し」を
読み手に与えることが出来るんじゃないかな?
(離婚弁護士の間宮先生みたいだぁー)
そんな風に「省く」ではなく「凝縮」する作業をしてみると
いいかもね!

>省きだすと、がんがん省きたくなってきて・・・どうなるんやろって感じ

これが「推敲」する「真の状態」です!
としちゃんは しっかり段落構成がされているから
「段落ごと」に何度も繰り返して声に出してみて!
そうするとね 読みにくい文章とか 
一行に何度も重なる言葉とか これは面倒臭いと思ったら
これ 省く価値のあるところ・・・

としちゃんもコングさんも『省く』じゃなくて
「凝縮」の作業だね。室井さんも随分プロレベルの
仕上げを皆に課しているから 私達も頑張らなきゃね。
私はプロじゃないけど 皆と頑張りたいから
「俳句の世界」で「血反吐」ははかないけど
胃痛と頭痛を味わいながら得たテクを提供するね!

ただ 室井さんの感性や追求点に命中はしないと思うけど
「作文嫌い」の私が覚えた『テク』だから
ちょっとでも 役に立てれば・・・

生意気なこと書いて m(__)m

投稿: 冬薔薇 | 2005.06.17 07:33

なるほど、凝縮ね。ふむふむ
冬薔薇さんのアドバイスも取り入れて、また読み返してみるわ!

投稿: としちゃん | 2005.06.17 09:38

としちゃん

すげー生意気な事書いちゃったけど・・・m(__)m
芯の通っている文章だから その芯を表に出す作業をすれば
思いのこもった手紙になるよ!
そのために 室井さんがアドバイスをして下さるのだから。
大勢だから 何度も推敲するようになるけど
それをさせようとしている室井さんもすごいね!
一回でいいなんて 妥協していないから・・・
それで みんなの個性もちゃーんと持たせているもん。
みんな がんば!だよね。
要点を書き出すと 「重複点」も見つけやすいと思うよ!

あと ヒミツはね・・・
「暴露する」という形には 拘らないつもり・・・
「ヒミツ」に対してのラブレターかな?
それと 「フィクション」というのも「有」と
思っているよ・・・

投稿: 冬薔薇 | 2005.06.17 09:56

やってみるっし!!
自分でも省きたい部分と省きたくない部分と戦ってみますよ!
アドバイス、ありがとうございました!!

投稿: コングBA | 2005.06.17 13:32

コングさま

本当に 生意気な事を書いちゃってm(__)m。
みーんなで一緒に 闘いながら書きましょう。
作品は 大事な「子供」だから
よーく育てましょう!ねっ。

それから 省いた文章からも次の作品出来るよ!
コングさんも としちゃんのも
「おかあさんのヒミツ」なんて共通のタイトルで
作品が出来ちゃうことに 
私は 気が付いてしまった! (*^^)v

バシバシ 室井さんにアドバイス貰っちゃいましょうよ!
「主婦のあなたもエッセ作家に・・・」なんて
カルチャー講座 受講したらすごーい授業料だものね(笑)

投稿: 冬薔薇 | 2005.06.17 14:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鰻の蒲焼 | トップページ | ぴょこたん日記~ホテルミラコスタ »