« 室井企画 5/21 | トップページ | お尻お見舞い申し上げます »

2005.05.25

臨海副都心ワイルドフラワー祭り2005~春~

5/22 お台場で行なわれた花摘みに参加してきました。

臨海副都心ワイルドフラワー祭り2005~春~

050523_01-w

無料で参加出来るのと 行事が知られてきて
例年を上回る参加でした。
楽しみにしていた義母は所用で不参加。
ならば 1人で頑張らねばと
初回から参加している「ベテラン」として
鋏も花を包むものも自前。(会場でも用意している)
90ℓのゴミ袋も登場して
「これはお義母さまの。これは私。あっ 叔母様の分も・・・

そうそう お隣のおばあちゃまにも・・・」
軽自動車に山積みになるほど摘んできました。

今年は生育がよくて ポピーも120~130cm の背丈に。
汗まみれ・泥まみれ・花粉まみれになりながら
昼食を挟んで3時間・・・摘みました!

お義母さまも喜んで下さったし
お花に囲まれて幸せだけど
摘んだあと 掃除して花瓶に入れて・・・と
6時間ぐらいかかってしまった!
(義母と私の分をあわせて)

3日経った今 筋肉痛と腰痛で
ちょっと涙目の私です。

050523_02-w336
きょうの花の様子。蕾だけ摘んできましたが
ドンドン開花しております。

|

« 室井企画 5/21 | トップページ | お尻お見舞い申し上げます »

薔薇家の外出日記」カテゴリの記事

コメント

いいねぇ。花だらけやんかぁ。
家の中に花があるのはいいよね。私は、お花のお稽古を辞めてから、家に花を飾る機会が減ったわ。さらにネコもふえたので、ますます花が飾れなくなったわ。
母の日に、母が、デイサービスでカーネーションをもらってきて、久しぶりに家の中に花が。でもネコが、気になって気になってしょうがないみたいで、花瓶に手を伸ばすし、花はかじるし・・・これじゃ長持ちせーへんわな。

それにしても筋肉痛が出るのが遅すぎるような・・・?(笑)
これは日にち薬やね。少しの辛抱よ!

投稿: としちゃん | 2005.05.25 13:23

ものすごい色彩!!
きれいですね~!
私もとしちゃんさんと同じで花、飾らなくなりました。
花よりビールじゃダメですね・・・・。

投稿: コングBA | 2005.05.25 16:42

>としちゃん さま

筋肉痛は 火曜日がピークだったよ。
なーんにも したくないのに
用事がいっぱいで・・・

ポピーに矢車草 あと 黄色い花
みーんな蕾を取ってきたのに
翌朝には ぽぴっと 咲き始めて
毎朝 楽しみ!
姑との共通の話題が「花と温泉」だから 
丁度 いいんだ。
でも 私はお花を習ったことがないからさ。
これまた 丁度いい 関係!

投稿: 冬薔薇 | 2005.05.25 23:19

>コングさま

花よりは 美味しいものがいいよ(笑)

これからは花が長持ちしないから
この行事・・・無料で取り放題が嬉しいんだ!

投稿: 冬薔薇 | 2005.05.25 23:22

 こんなイベントがあったんですね。それにしても、たくさん摘まれましたね(笑)!

 写真で観ると、あぁやっぱり春は華やかだなぁと思います。

 あ、そうか華やかの「華」も"ハナ"なんですね。やっぱり、咲き誇る花の持つチカラはすごいですね…。

投稿: Solid Inspiration | 2005.05.26 08:26

Solid Inspiration さま

春と秋の2回。行なわれます。
今回は 生育が良かったこともあって
夢中になっていたら こんな感じに・・・

秋には奥様と・・・って
Solid Inspirationさまは
お花が苦手でしたね・・・

投稿: 冬薔薇 | 2005.05.27 13:36

すごいですね!いいな、いいなー。
名古屋では開店のお店の花を取ってくる習慣があるんです。
それができない私はまだ名古屋人ではないんですねー。

投稿: may-ogino | 2005.05.27 17:05

うわぁ~!きれいですね!
may-ogino さんのお話の名古屋の習慣
過熱しすぎて、そのお店が実際に開店する時間には
丸坊主。。。なんてこともあるようです。
でも、ちゃんと花が無くなる方が繁盛する
と誰かが言っていたような記憶が・・・

投稿: クレオ | 2005.05.27 20:56

may-oginoさま

TVで見たことがありますよ。
東京でやったら・・・
大問題ですよね!

投稿: 冬薔薇 | 2005.05.27 21:52

クレオさま

私も聞きましたよ!
花が無くなる方が繁盛するって。

投稿: 冬薔薇 | 2005.05.27 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 室井企画 5/21 | トップページ | お尻お見舞い申し上げます »