« 揺れたぞ~ 降ってるぞ~ | トップページ | 10000HIT »

2005.02.16

私のこと ~室井ブログを読んで~

本日更新の 室井佑月さんのブログを拝見して
自分のことを振り返ってみた。

出来のいい両親に囲まれて育った私は
「両親のように出来ない」事が
小さい頃からのプレッシャー・・・
特に「絵」と「作文」は不器用さも加わって
「苦手意識 満タン」状態。

中学生の時 両親には内緒で
学校の文集に短歌や俳句で綴った
「恋物語」を提出。
けして短歌や俳句が好きだったわけでも
得意だったわけでもない。
でも 両親の添削を受けないままのもの。
自分の言葉で書いたものだった。

これがPTAの間で話題になり
やがて両親の耳へ・・・
「文集を見せなさい」と父。
恐怖感に震える私・・・

てっきり叱られると思い込んでいた私。
父は優しい眼差しで 一言
「よく出来たね。誰がなんと言っても
自分が一生懸命作った作品だから
大事に そして 誇りを持ちなさい」

以来 「苦手意識」はいまだについてまわるけど
私は「誉められて伸びる」タイプのようで
折に触れて「誉めて下さる方」がいた。
そのひとりが 小倉智昭氏・・・
これは のちのち 告白する機会があれば・・・

話は中学の文集にもどって・・・
実は私の「恋物語」は
「絶賛」と「中学生がこんな事を書いていいのか!」と
論議があったようで・・・
でも「良識ある」国語教諭が
「所詮 中学生の空想です」と収めてくれて
2年続けて発表することになる。

今読んでも何が悪いのか?疑問だが
いづれ内容は「作品ブログ」なるものを
制作しようか・・など 「野心」を抱いているので・・・

タイトルが悪かったかな・・・
「一輪の薔薇の如く気高き愛を貴方に・・・」
でも これ 2年目の作品タイトルだったような・・・

ともあれ 私は「誉められて伸びる」タイプである。

~つづく~ 誉められて リクエストがあれば・・です!

|

« 揺れたぞ~ 降ってるぞ~ | トップページ | 10000HIT »

室井企画&TB」カテゴリの記事

コメント

と、と、鳥肌ですぅ~~~!!
誰でも褒められていやなことは思わないでうから、私も娘を素直に褒めてあげたい。
でもプレッシャーがいい刺激になられたのでは?との邪推もしたのですが。逆に添削を受けないことが傑作を生ませた、とか。
そうかぁ・・・私はプレッシャーをかけられるほど優秀ではないので今なら娘に対してもう少し、手綱を緩めて行けるかもしれません。
いいお話をトラックバックして頂き、大変感謝します。作品ブログ、楽しみにしています!
あ、それから10000HIT、おめでとうございます!!先ほどコメントさせて頂いた時、9988だったかな?非常に近い数字で惜しいことしました。

投稿: コングBA | 2005.02.16 14:48

コングBA さん

「育てる」って いろんなパターンがあると思いますよ。「プレッシャー」を跳ね除けるほどの「逞しさ」を望まない親は いないと思います。

あとは 子供の「性格やタイプ」や いかに「誉めて」いかに「プレッシャー」をかけるかの「匙加減」かと・・・私みたいに「プレッシャー」に弱くても困るし・・・

両親は「期待しつつも 過大期待せず」「子供の出来ない加減を知る」「子供の能力への諦め所」「性格」をそれぞれの兄弟に「模索」していたと思います。

ここでは「自分だけでも出来た」その達成感だったと思います。ただ 今にして思えば「親の助言」もプレッシャーも おお役立ちだったわけですが・・・

あとは 本当に「自滅」した時に それを受け入れ とがめない両親が居たことを 付け加えておきます。

投稿: 冬薔薇 | 2005.02.16 15:21

なるほど・・・・
特に何になってもらいたいとの期待など無いのです。
ただ、今を一生懸命に!というのは大事ですから、ついやかましくなってしまうのですけどね。

いやぁ、難しいです!
でもがんばります!
うちの子の個性を見てやれるのは、親の私たちしかいないので!子育てと同時に自分育てです。
ありがとうございました!!

投稿: コングBA | 2005.02.16 16:00

コングBA さま

私には 子供がいないから
「子育て」については 語れないけど
でもコングBAさんや お仲間のブログを拝見して
自分が 子供の頃 どうだったかなーって
思い返してみるのが精一杯で・・・

でもね「今を 一生懸命に・・」は
大切な事で 両親からは
「出来るチャンスを逃すな!」とは
よく言われていました。
「ダメとか出来ないとかは
すること やることをやってみてから・・」と。

なので 「やかましく言う」のは
「こうゆうこと」を 
根気良く 植えつければいいと思いますよ。
コングBAさんの家庭は 
「娘さんとの会話のバランス」
ちゃんと とられているから
心配ないと 思いますよ。

投稿: 冬薔薇 | 2005.02.16 16:26

子供を叱ったり誉めたりするのはむずかしいです。
誉めるのは特に照れが出てしまいます。
子供と一緒に育たなくてはいけない私です。
10000HITおめでとうございます!

投稿: may-ogino | 2005.02.16 16:48

mayogino さま

両親になんて言われただろうって
振り返ってみますが
これっ ていうものがないです・・

とても厳しく言われて
「萎縮」したのも確かですし
「反発」して自分の自信になったのも
確かです。

私自身が 自分で出来ることが何もなかったし それがとてもコンプレックスで
いつも 小さくなっていたから
それを弾けさせてくれたものが
節目 節目であったことが幸運でした。
そして両親が
「いまだ! それ行け!」って
後押ししてくれたことにも感謝しています。

あとは つまずいたときに
「けして 出来ないことはないと思うが
人には 能力の限界があるから
自分の力にあったもので 代償することも
大切なこと」と説いてくれた
父の言葉だと思います。

スパルタな父だったから
この優しさにとても癒されました。

投稿: 冬薔薇 | 2005.02.16 18:37

競走馬に例えるなら。
叩き良化型 ブライアンズタイム産駒タイプ。

それか、ほっけのたいこ。

それか、数字の 八。

投稿: 塾長。 | 2005.02.16 23:25

「ほっけのたいこ」か・・・
「どんどん よくなる」にかけます?
それとも 「江戸落語」にちなんで
「落伍」にかけます?

なんて・・・ねっ。

薔薇はしっかり整枝して
肥料をやって 冬越しさせると
いい花咲かすそうですから

私自身も 味のある花
咲かせますぞー!

投稿: 冬薔薇 | 2005.02.16 23:43

>「一輪の薔薇の如く気高き愛を貴方に・・・」
いやー最高!文句なしに読みたくなる題名です。
僕の世代は薔薇って言うと、田原俊彦か
{薔薇って書ける?醤油って書ける?」のCMが
真っ先に思い起こされるのは、かなりヤバイ?ですか・・・orz

投稿: ★きんぐ | 2005.02.17 20:45

★きんぐ さま

はじめまして・・
ようこそ「薔薇の吐息」へ・・・

いやいや 題名だけの内容無しです。
なにせ 中学時代のものですから・・
笑っちゃう「作品」でございます。

★きんぐさまの座右の銘こそ ステキ!です。
「愛だろ!愛」ストレートで
ぐっと きます。

また 遊びにいらしてくださいね。

投稿: 冬薔薇 | 2005.02.17 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 揺れたぞ~ 降ってるぞ~ | トップページ | 10000HIT »